間取りアドバイザー業務

1203プラン_01

KJWORKS阪神は、木の家づくり工務店KJWORKSの阪神支店ですが、一級建築士であり「暮らしプロデューサー」である山口が、設計者として「間取り」をご提案する業務もおこなっております。

 

木の家づくり工務店KJWORKSで、延べ300軒以上の間取りをつくってきた実績とノウハウを活かし、あなたの家の間取り、家族の想いをかたちにする間取りをご提案いたします。家のつくり手から提示された間取りに納得、満足できない場合などに、「間取りのセカンド・オピニオン」として、ご利用くださいませ。

家づくりの素人であるお客さまの要望をそのまま描くだけでは、プロとは言えません。私自身の感性で、その土地とご家族に合った暮らしを、間取りという絵に描いていきます。

 

◯間取り八割

「間取り」は、家づくりの最も根本の選択肢。敷地のどこに建物を配置するか、どの部屋をどこにするか、どういう風に窓を開けるか。収納はどうするか。そして、ご家族の「暮らし」についての「想い」をどう反映するのか。その根本の部分で良い選択が出来れば、家づくりは八割方成功したも同然。私はそんな風に考えています。

 

◯よい「気」の流れる家、そのための間取り

よい間取りとは、よい「気」が流れている家。例えばこんな間取りです。

・敷地の外部環境をうまく取り込む窓。明るく、風通しよく、心地よい自然の気を取り込んで。

・間仕切りを少なく、気を澱ませないワンルーム感覚。家族の気配を感じて広々と暮らしましょう。

・行き止まりのない「回遊動線」は、子どもたちが走り回り、よい気の循環が生まれます。

・「家族の間」(=LDK)が暮らしの中心。いつも家族がそこに集まる暮らしを。

・「キッチンが特等席」。滞在時間の長い場所こそ、便利で心地よく、気を感じられる場所に。

・暮らしが変われば間仕切りも変わる。フレキシブルに変わっていける融通無碍な家を。

 

※私が今までつくってきた間取りは、こちらの「間取りギャラリー」からご覧くださいませ。

 

◯業務の流れ

1.初回面談(2~3時間の間取りセッション)

KJWORKS阪神の事務所にて、間取りについてのご相談を受け、お客さまの暮らしのイメージや敷地条件、予算などについてのヒアリングを交えながら、アドバイスをさせていただきます。

敷地条件がわかる図面、敷地周辺の写真、(あれば)お手持ちのプラン図をおもちください。

2.間取りのご提案

2-1 敷地確認

建設予定地を一緒に見せていただきます。周辺状況や気候条件、法規的な条件に加え、お客さまがなぜその敷地を選ばれたか、という「好きなところ」についてお話し、インプットします。

2-2 間取りスケッチのご提案

間取りセッション時のヒアリング、敷地確認時のヒアリングをふまえて、「私ならこういう家をつくる」という間取りを設計し、ラフな手描きのスケッチでご提案いたします。

2-3 基本設計図の提示

ラフスケッチを元に、平面図、立面図、断面図を作り、紙図面とCADデータでご提出いたします。

 

◯費用について(全て税込料金です)

1.間取りセッションのみのご利用 : 一律2万円頂戴いたします。

2.間取りスケッチのご提案まで(初回セッション含む)

・建物の床面積によって費用設定させていただいております。

25~35坪の家 : 30万円(打合せ回数は初回セッション含め3回程度)

35~45坪の家 : 40万円(打合せ回数は初回セッション含め4回程度)

45~55坪の家 : 50万円(打合せ回数は初回セッション含め5回程度)

55坪以上の家 : 坪数×1万円程度で都度調整させていただきます。

※狭小地や法規的条件の厳しい土地など、難しい検討を要する敷地の場合は、別途相談とさせていただきます。

3.基本設計図作成まで

間取りスケッチご提案までの費用に加えて、制作費として5万円頂戴いたします。

 

間取りのセカンド・オピニオンを求めておられる方、間取りのプロに是非お声がけくださいませ。

 


兵庫・西宮・芦屋・宝塚・川西・神戸など阪神間での「木の家での暮らし」をご提案する、家づくり工務店のサイト