エリアマイスター集う

2015-02-12 10.38.38

 

ご愛読、ありがとうございます。KJWORKS・木の家のくらしプロデューサー、山口です。

 

今日はKJWORKS阪神の事務所に、今までで最高の人数が揃いました。私と、それから小さなお子さんも入れて12人。椅子も足りないので、世話役の方に持参いただくほどの集まりでした。

 

その世話役というか、今日の集いのまとめ役は、冒頭の写真で立って話しておられる方。ママントレの須澤美佳さんです。「ママが自分らしく働くための『起業』を応援します」と活動しておられます。ママとアントレプレナー(起業家)でママントレ、なんですね。

 

そして、今日集ってくださった皆さんは、「エリアマイスター」の方々。エリアマイスターという制度はママントレの活動の大きな柱で、ある仕事の達成のために「地域の中でそれぞれが得意分野をシェアして、協力する」ことをコンセプトとしています。

 

その制度に登録をし、自分のもつスキルを活かしたいと想ってらっしゃる前向きなママたちが、エリアマイスターなのです。私もそのママントレさんの活動にとても共感して、是非この事務所の木の空間をエリアマイスター活動に役立てて下さい、とお願いした次第。

 

今日の集まりはそんな共感がかたちになったもので、エリアマイスターの方々に、あるものづくりの企画についてアイデアを出し合ってもらおうという座談会だったのでした。私もご一緒させていただいて、拝聴していたんです。

 

2時間ほどの座談会だったのですが、いやあ、さすがはエリアマイスター。そのパワーというかエネルギーは素晴らしいです。雑談のような活発なやりとり、笑顔はじけるコミュニケーションの時間から、あっという間に今までなかったようなモノの企画が生まれ出てきました!

 

それもそのはず、私には初対面の方ばかりでしたが、皆さんは私が知らなかっただけで、それぞれの道ですごく活発に動いてらっしゃる面々。これから起業を考えるママたちには「憧れ」と言ってもいい方々で、活動的な分、問題意識もきちんとおもちなのでしょう。

 

そんな皆さんは座談会でも実に活き活きとしてらっしゃいます。和やかな雰囲気の中、あちこち飛ぶようでいてそこから問題意識がまとまってくるさまは、ううむと唸って考えている会議より、実はずっと効率的。しかも楽しく進むのだから、よい企画もおのずと生まれますよね。

 

しきりに感心している私に、須澤さんがこうおっしゃいました。「女性は垣根を超えますから」と。なるほど、エリアマイスターとは、そんな色んな制度や慣習の垣根を超えたところで個人が輝くこと、なのかもしれませんね。

 

この座談会、ものづくりをブラッシュアップするためにまた続きがあります。素敵なエリアマイスターの皆さんとのご縁を私自身も己の糧にしていきたく、次回もまたここでご一緒させていただきます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です