忘れたおかげで

2015-11-12 11.34.45

〈思わぬ失敗にびっくりしつつも、うまくリカバリでき、なおかつ嬉しいおまけもあったんです。〉

 

ご愛読、ありがとうございます。木の家づくり・暮らしのプロデューサー、山口です。今日は失敗談であります。

 

昨日は一日岐阜へ出張で、芦屋の事務所へは顔を出していません。そして今日の午前中は、「Re:Dear」の皆さんのミーティングとTV取材が木の空間であるので、いつも通り出社です。

 

しかし取材の場には私は同席できず、お約束していたお客さまのお宅へ行くことになっていたんです。代表の須澤さんに部屋をお願いし、北夙川へ向かおうと愛車ビートルの駐車場に行って、そこで眼が点に。

 

ビートルがない。あ、一昨日乗って帰ったんやった…。今朝普通に電車で来てしもた…。どうしてそういう大事なことを忘れているんでしょうかこのヒトは。

 

しばし茫然とそこに立っていましたが、はっと気づいてすぐに芦屋川駅へ取って返します。電車でも行けることを思い出したからです。今日のお客さま宅は、幸運にも駅のすぐ近く。阪急苦楽園口は、芦屋川駅から乗り換え含め2駅ですから。

 

すぐ駅へ向かいながらお客さまへ電話。すいません、予定より少し遅れます、と。こころよく許していただき、そわそわしながら阪急電車に揺られる時間。でも、何とか10分ずれで行けましたよ。

 

ちょっとハアハアと荒い息をしながらも、いつ行っても素敵なこの吹抜け空間に、やっぱり今日も癒やされていたんです。ああ気持ちがいい。

2015-11-12 10.38.37

 

思わぬ失態にお客さまには申し訳ないことでしたが、でもきちんと今日の用件である新しいメンテのご相談はお聞きし、その場でいくつものご提案も出来ました。ほっと一息です。

 

そして、お客さま宅へ着く前、行きの電車で嬉しいことに気づいていたんです。それは、先日「木の空間」に美味しい珈琲を淹れに来てくださった大久保さんのお店、スペシャリティコーヒー専門店「Romantic Roll Beans」が苦楽園口の駅前にある、ということ。

 

その際に残りをいただいた「chocolate」という名前の珈琲が、とっても美味しかったんです。そうだ、帰りに寄っていこう。そして今度は同じのを豆でもらって帰ろう。ということで、冒頭の写真の光景へ。

 

大久保店長にご挨拶し、さっそく焙煎したての豆をいただきました。私が最近始めたお抹茶のこととか、しばし楽しいお話も。大久保さんも珈琲だけでなく、「リラックスできる喫茶」には全てご興味おありのようですね。

 

今日は朝から思わぬ失敗に自分でびっくりしました。でも、とても運がよかったと思います。すぐ近くで電車でもそう変わらない時間で行けるお客さま、そして車のことを忘れて電車で行ったおかげで、寄ることが出来た素敵なお店。

 

まあいつもこんなことをしていてはいけませんが、何だか今日はそのハプニングをむしろ楽しむことができた私だったのです。幸運に感謝しつつ、珈琲豆をもっての事務所への帰路となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です