たのしみの達人

2015-12-19 10.48.14

〈芦屋のイベントに来てくれていた同期生に、少し会いに行ってきたんです。〉

 

ご愛読、ありがとうございます。木の家づくり・暮らしのプロデューサー、山口です。

 

今日は打合せや敷地下見など、お客さまとお話する時間が続く一日でした。しかし、その間を縫って、ちょっと同じ芦屋で開かれている「朝市」に顔を出してきましたよ。

 

場所は芦屋市の浜風町というところ。会場は、KJWORKSと同じ建設業をされている「オクタホーム」さん。KJWORKS本社「くらしの杜」でも、色んな方が施設内に出店をされていますが、似たようなイベントをしている工務店さんが芦屋にもあったんですね。

 

野菜やパン、お茶の販売、ハンドメイド雑貨、クリスマスリースづくりの教室、羊毛フェルトのワークショップ、手相鑑定など、など。カフェもあったりして、さほど広くないスペースがとても賑わっていました。

 

そして私がここを今日訪れた理由は、その出店者のひとりに会うこと。冒頭の写真で、和服を着て座っている御仁、彼がそのひとです。何やらハサミで紙を切っているところですよ。

 

彼は私の高校同期、「切り文字じょじょすけ」こと山中くんです。「イベントに招かれて芦屋に行きます」とのお知らせを聞き、近くだし同業者さんのイベントということにも興味が湧いて、会いに行ったという次第。彼の切り文字の実物、一度見てみたかったんです。

 

高校の時には面識はなかった彼ですが、最近はFacebookで再び集まった泉陽高校37期生が、色々と交流を始めているんですね。そんな中で、多彩な彼の活躍を知りました。

 

切り文字もかなり本格的ですが、「クラウン(道化師)」としても活動しておられますし、競技としてのトランポリンの選手でもある。どれも、なかなか真似の出来ない彼の世界を、いくつももっているんです。

 

普段はFacebookでその活躍を拝見しています。そしてしみじみ思うのは、山中くん、どれも本当に楽しんでやってるなあ、ということ。もちろん会社員として志事をされながら、だということを思うと、心から感服する次第。

 

私のように志事ばかりでそれ以外にあまり打ち込むものをもっていない者からすると、その幅広い人生の楽しみ方が、とても輝いて見えます。今日は実は、そのエネルギーを少し分けてもらいに行った、とも言えますね。

 

もちろん私も切り文字、つくってもらいました。こんなのです。

2015-12-19 11.37.01

 

いい感じでしょう?するするとあっという間につくってもらいましたが、じょじょすけ氏にとってはこんなのお手のものでしょう。投稿されている作品群は、もっと凄いのですから。

 

その後、彼が「はい、おみくじ」というので一枚引いてみたら、こんな漢字が当たりました。色んな字をみんなに引いてもらっているそうです。

2015-12-19 11.37.27

 

うん、私はこのKJWORKS阪神の「木の空間」にたくさんの人が集まること、を目標にずっとやってきていますから、まさに!です。彼にもそうお話をしたら、「みんな、何か当たるねん」とのお返事。面白いですね。

 

同じ学び舎で同じ時間を過ごした「同期」って、当時は知らなくても、そしてその後何十年がたっても、やっぱり「仲間」という連帯感があります。今日は、人生を楽しむ達人である仲間からいいものもらった、そんな想いで私も楽しく過ごせました。切ってくれた文字を、うれしく眺めながら。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です