賑わいをいただきに

2016-01-10 09.47.07

〈今年もいきました、十日戎。昨年より多い人出、でもそれも心地いいのです。〉

 

ご愛読、ありがとうございます。木の家づくり・暮らしのプロデューサー、山口です。

 

昨日から三日間は「十日戎」ですね。私も今日の朝から、全国のえべっさんの総本社、西宮神社に行ってきました。今年はちょうど三連休と重なったからか、昨年よりもさらに賑わっている感じでしたよ。

 

朝、事務所で、昨年の十日戎でいただいてきた福笹と熊手に、「一年間ありがとうございました」とのお礼を言ってから、えべっさんへ持って行きます。阪神西宮駅に着いたら、うわ、駅からもう結構な人出。

 

通りにはたくさんの出店が並んで、お正月よりもお正月、という感じです。関西の商売人の一年はえべっさんから、と言ったりしますが、まさにそういう雰囲気。そんな中をゆっくり神社へと向かいました。

 

すごい数の人ですが、でも境内が広いのと、ちゃんと順路が定められているので、思ったほど時間はかからず、ご本殿に着きました。今日一番混んでいたのは、お手水と、それから「マグロ」でしたね(毎年「招福大まぐろ」が奉納されるのです)。

 

恵比寿様に「よろしゅうおたのみもうします」と商売繁盛を祈願したあとは、今年の福笹と熊手をいただいて帰らなければいけません。福娘さんから笹をいただいて、熊手を選ぶのはずらりと並ぶお店の中から。

2016-01-10 09.47.50

 

ここでちょっと思わぬ事態が。去年と同じデザインの熊手がないんです。大きな俵と箕(み)がくっついているやつがいいのですが、いくつか店をのぞいても、あれ、見当たらない。

 

ようやく見つけたのでそれを頂戴しましたが、お店の人に聞いたら、「新型」が増えてきているのだとか。ふうん、こういうものにもモデルチェンジがあるんだなあ、なんて妙に感心した次第。あまり嬉しくはありませんが。

 

ともかく、今年もきちんと参拝を終えることができました。西宮神社へお参りするのは芦屋に来てからですから二度目ですが、KJWORKSに入ってからずっと十日戎は来ているので、これが終わらないとなんだか落ち着きませんね。

 

事務所に帰ってさっそく、「木の空間」の神棚的な場所へ、福笹と熊手をおおさめしました。よしよし、これで一安心。

2016-01-10 10.33.50

 

今日の神社境内のごとく、KJWORKS阪神「木の空間」にも、人の賑わう時間がたくさん齎されますように。もう一度福笹と熊手に手を合わせつつ、そんな言葉が頭に浮かびました。

 

そう、商売繁盛とは、まず人のつながり、賑わい、活気から。それを最近とみに痛感している私。今年もたくさんの人に来ていただき、五感で空間を味わっていただこう。その想いを新たにした十日戎でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です