恵方にむけて

2016-02-03

〈鮨職人・須澤さんによる恵方巻。美味しくいただくことこそ邪気を祓うなによりのチカラです。〉

 

ご愛読、ありがとうございます。木の家づくり・暮らしのプロデューサー、山口です。

 

節分の今日、KJWORKS阪神の事務所は、いつも「出張鮨」でお世話になっている須澤さんによる「恵方巻き」の、注文なさった方々へのお手渡し会場になっていました。全部で100本というからすごい。私も家族全員分、ありがたく頂戴した次第。

 

いつも美味しい鮨を食べさせてくださる須澤さんが巻いた恵方巻きですから、これは特別。告白しますと、今までは私、「節分の日に巻きずしを一本食べる」というのを、やったことがありません。

 

その年の恵方を向いて、巻きずし一本を丸ごと黙って食べる、というのですが、正直あまり美味しそうな食の風景じゃないなあ、と思います。私は、食べものは育てた人つくった人に感謝して、美味しく楽しくいただくもの、と躾けられて育ちましたので、そこがどうも納得しかねる。

 

七草粥とか、土用の丑の日の鰻とか、節気に合わせた食の習慣というのは色々とありますが、「食べ方」まで指定されているというのに感覚的な抵抗があります。さほど古い風習でもないようで、「恵方巻」という名称などは平成に入ってからのものだとか。

 

恵方とは、その年の良い方角のことで、実はそれには4種類しかありません。この絵の通りです。

恵方

 

これがまた十二支とか十干とか色々あるんです。今年の恵方は丙(ひのえ)の方角。世間では「南南東」と言っていますが、これは16方位での言い方で、正確には24方位での表記ですから、南南東よりもほんの少し南、ですね。

 

恵方詣という言葉もあります。これは主に初詣で、自分の居所から恵方にある神社に詣でる、ということです。節分の恵方巻きにも、同じようによい方角へ願を掛けつつ食べるという意味が含まれているのだと思われます。

 

恵方にむけて何かをおこなうことで、その方向におわす歳徳神(としとくじん→とんどさん)のご加護を得るというのが本来の趣旨ではないでしょうか。豆まきと同様、節分という季節の変わり目に表れる邪気をそれによって祓う、ということでしょう。

 

ですから、恵方にむけて願を掛けつつ、というのはわかるのですが、食べ方はやはりすっきりと腑に落ちない。今日いただいた美味しい恵方巻きも、この写真を撮ったあと、自分の分は切っていただきました。お味はもう最高です(笑)。

 

しかし、納得出来ないことはしないという天邪鬼な父親を尻目に、こういうことには信心深い末っ子の娘は、一本ちゃんと無言で食べ終わっていましたね。ぺろりと平らげて、大喜び。ちゃんと出来たことが嬉しい様子。

 

それを見ていて、まあ、カタいこと言わんでもええか、と。そうした「イベントごと」として家族で話題にしながら楽しく、美味しくいただけることの方が大事やな、と。本当に美味しい須澤さんの巻き鮨だから、今年初めて、そんな風に思えたのかもしれませんね。

 

そんな楽しい食事のひとときこそ、心身ののチカラを高め、邪気を祓うなによりのエネルギー源のはず。美味しい巻き鮨をきっかけにそんな想いに至って、おカタい天邪鬼にも、少し人生の恵方が垣間見えたような気がしました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です