ものづくりの肥やし

2016-02-12_011257789_3B480_iOS

〈木の空間での講座の間、外で体感する学びをハシゴしていました。〉

 

ご愛読、ありがとうございます。木の家づくり・暮らしのプロデューサー、山口です。

 

今日、KJWORKS阪神「木の空間」では、シェリーさんのメイク講座がおこなわれていました。その間は事務所で作業ができないし、今日はお客さまとの外での予定もないので、PC作業は午後にまわして、ちょっと「行きたい場所めぐり」をしてきましたよ。

 

まずは冒頭の場所。阪急門戸厄神駅そばの「山帰来(さんきらい)」さんです。こちらは、シェリーさんと同じく木の空間を使ってくださったメイクアップアーティストの南部明日香さんからのご紹介。彼女のご主人のお店で、6日にリニューアルオープンされたばかりだそうです。

 

名前を聞き、いい雰囲気の写真をいただいて、「すぐ行こ」と思いました。山帰来、私の好きな植物なんです。別名サルトリイバラ、赤い実が印象的で、丸くあしらってクリスマスリースに使われたりもしていますね。

 

山帰来さんは、作家さんのうつわ、カトラリー、木の雑貨、そして衣類と、色々おいておられるお店でした。明日香さんによると「KJWORKSのテイストと似た感じ」とのことでしたが、なるほど。木を使いながら、すきっとしています。木のうつわやランプシェードもありましたよ。

 

やはり、色んな面白いうつわが置いてあるお店は、居て気持ちがいいですね。好みでないものも、刺激になる。その中からほしい物をゲットして、「また来ますね」とご挨拶し、次なる場所へ。門戸厄神から西宮北口を経て、お目当ては今津駅。

 

行き先は「まんまるみかん」の橘さんからお聞きしていた、そのお仲間のご実家でもある喫茶店「珈琲館 初音屋」さんです。今日はここでランチ。お店の名物「ミックストースト」をいただいて、マスターともお話しながら食後の珈琲を、ゆっくりと。

2016-02-12_022827512_D94D0_iOS

 

いやあ、渋い。すごく落ち着く、この感じ。サイフォンで淹れてくれるお店も、ずいぶん少なくなりましたね。今やコンビニでドリップコーヒーが飲める時代ですが、こういうお店に居ると、何か忘れていたものを想い出すような気分です。

 

KJWORKSにも、建て替えでつくらせていただいた「Olive」という喫茶店があるのですが、その建て替える前の、懐かしいあのお店が脳裏によみがえるような、そんな時間を過ごさせていただきました。

 

うつわや雑貨のお店と、老舗の喫茶店。人やメディアから情報を得た時に、己のアンテナにピピっときた場所、興味が湧いた空間は、やはり実際に訪問しても得るものがあります。一応プロですので、経験上そういう自分なりの選択眼は、出来上がっているのでしょうね。

 

初音屋さんでは、その雰囲気やお味もさることながら、39年間お店をやってこられたマスターと二人だけで話をさせていただいた時間が、一番の収穫でした。そして山帰来さんでは、色々眼福も得ましたし、こんな素敵なティースプーンにも会えましたよ。

2016-02-12_050315682_68E77_iOS

 

空間と出会いながら、そこにまつわるモノと出会い、そこを営む人と出会う。そういう時間こそ、ものづくりを生業にする自分にとっての一番の肥やしになっている。年々そのことがわかるようになってきた、そんな気がします。

 

志事のほうも無論ひまではありませんが、でもこうした時間を忘れてはいけませんね。それこそが、ものづくりの志事をよりクリエイティブにするための潤滑油のようなものなんですから。


「ものづくりの肥やし」への2件のフィードバック

    1. haseさん、ありがとうございます。そう、すぐ近くですね。お寄りできずすいません。次回は、是非!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です