エネルギーの学び

q1_oom_11

※今日の写真はKJWORKSの施工事例ではありません。自然素材+熱環境設計の大先輩、秋田から世界へ素晴らしい家づくりを発信されている、西方里見さんの事例写真を使わせていただきました。

 

ご愛読、ありがとうございます。木の家づくり・暮らしのプロデューサー、山口です。

 

KJWORKSがつくる木の家は、温熱環境においても心地よく暮らせることを目指して、一軒一軒つくられています。いくら家の外観や内観の素材が良くても、やはり暑い寒い家では、その良さも台無しですから。特に吹抜けをよくつくりますので、温熱環境設計もとても大事です。

 

そのために私たちがおすすめしている暖房方式といえば、ひとつは薪ストーブ、そして全館空調の「マッハシステム」、そして「床下暖房」です。床暖房ではなく床下暖房と言っているのは、床下に温風を吹くことで床暖房する、という仕組みだから。

 

無垢の木の床と、いわゆる電熱タイプ、あるいは温水循環タイプの床暖房とは、あまり相性がよくありません。無垢の板を使う前提で床暖房を考える時、やはりこの温風方式が最も木に優しく、イコール人に優しいと考えているんです。

 

床下に温風を、それも1階全体にまわすことで、場所による温度差を少なくする。そういう利点もこの方式にはあります。冬場、お年寄りに起きがちなヒートショックなども、これでずいぶん軽減できますね。

 

以前からこの床下暖房方式は採用していて、それを自然エネルギーでまかなう場合は太陽熱利用の「そよ風」を採用し、そして薪ストーブと併用する場合などは、ボイラーと連動した温風機を床下に設置しています。

 

少し話が変わりますが、皆さんは「ZEH」という言葉を最近目にしたり、聞いたりしたことはありませんか?これ、「ゼッチ」と読むんです。そしてこれは「ゼロ・エネルギー・ハウス」の略称です。

 

エネルギーをゼロにする家。それは、もちろん電気やガスを使わないということではなくて、断熱性能を高め、そして太陽光発電などと組み合わせることで、実質のエネルギー消費をプラスマイナスゼロにする、という考え方。

 

世界が大きな環境問題を抱える今、段々とこうしたZEHというものが、家づくりの主流になってくるでしょう。そうしたなかで、私が個人的にとても気になっていて、色々と調べているのが、今日の冒頭の写真、というわけなんですね。

 

この西方さんによる事例を見ていただくと、床下にエアコンが設置されていて、そのメンテナンスが、カウンター収納の中から出来るようになっています。そう、これもまた「床下暖房」のひとつのあり方だと言えるでしょう。

 

昨今、エアコンの省エネルギー性能はとても高水準になっています。これを床下暖房に使うことで、ボイラーと連動した温風機よりも、使うエネルギーを減らせないか。そしてエネルギーが電気なら、太陽光発電などで生み出すことができる。

 

私はそんなことを思うので、自分なりに色々とこのエアコンによる床下暖房について調べたり、雑誌の記事を読んだりしています。エアコンの種類によっても、設置方式によっても、かなり効果に差があるようで、まだ自分で納得はできていません。

 

でも、この写真のような先輩たちの試みから学ぶことは、とても楽しいですね。これは、お客さまの暮らしの心地よさを向上させ、なおかつ世界の環境問題に少しでも役立つ、そんな素晴らしい技術ですから。

 

その内、山口が「床下エアコンってご存じですか?」とあちこちで言い出したら、それは私なりの答えが出たということに違いありません(笑)。私自身も、その日が楽しみなんですよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です