ものづくり・おもてなし

2016-05-09

〈コンビネーションの妙にいつも感心するこのお二人と、新しい試みのお話でした。〉

 

ご愛読、ありがとうございます。木の家づくり・暮らしのプロデューサー、山口です。

 

今日はずっと雨ですね。そんな中、KJWORKS阪神「木の空間」に、冒頭の写真のお二人が揃ってお越しくださいました。Drawer Styleのよっちゃんこと中村佳子さん、そしてライターの熊田美佐さん。「おうちオフィス」コンビのお二人です。

 

お二人揃ってお会いするのは、一年ぶり。昨年の今頃、KJWORKSがつくった木の家の見学にお招きして以来です。そして今日は、お二人と新しい「ものづくり」の話を。昨今はキックオフ・ミーティングなんて言ったりするやつでしょうか。

 

「木の空間」にお越しくださった方にはおわかりと思いますが、ここには「上げ底ダストボックス」という感じの、私がつくった小さい家具(?)があります。コンセントのタップとパソコンのACアダプターを隠すというのが、その狙いです。

 

そして、よっちゃんがそれにとても興味をもってくださって、「私ほしいです。商品化しないんですか?」なんて話を、来るたびに仰る。最初はあまりピンとこなかったのですが、最近ちょうどそれに相応しいつくり手の技術を知ったこともあり、「面白いかも」となった次第。

 

じゃあ、美佐さんにもお声がけして、「おうちオフィス」のお二人と山口とで、いっぺん一緒に「ものづくり」しちゃいます!?というわけで、今日はそれの最初の話し合い、意見出しの時間だったのでした。

 

私の事務所にあるものは、単に私のニーズに合わせてつくったものです。でもそれを数多くつくっても仕方ありませんね。よっちゃんが使うとしたらどんなのがいい?美佐さんなら?そして、どんなモノなら多くの方に喜んでもらえそう?

 

そんなことを好き勝手に言い合うひとときでした。でも、三人寄れば文殊の知恵とはよく言ったもの。私には思いつかない色んなアイデアが出て、なかなかエキサイティングな時間になったんですよ。

 

そして、お忙しいママであるお二人と少しでもゆっくりと時間を過ごし、色んなお話をさせていただきたくて、今日はその後にランチのご用意も。久しぶりに「おもてなし」の事務所ごはんです。冒頭の写真は、その「いただきます」の前のひとコマですね。

 

2016-05-09-2

こんな感じのランチセット風。喜んでいただけてなによりでした。

 

私の今年の志事はじめは、よっちゃんと一緒にご紹介のお客さまのところへ行ったことでした。その時、今年は何か一緒に志事が出来たらいいね、というお話をしていたんです。その時にはこんなことは全く考えていませんでしたが。

 

そんな想いもあって始まった、新しい「ものづくり」。どう進むのかまだ見えないし、お二人に志事としてメリットがあるか、全くわかりません。それでも私のお声がけに、面白がって乗ってくださる。今日の事務所ごはんは、そのことへの感謝のつもりです。

 

ライフオーガナイザーさんで、その中でも「ものづくり」寄りのヒトであるよっちゃん、そしてライターとして人の想いを文章で広く届けるお志事の美佐さん。逆につくり手に寄りすぎて一般ユーザーの感覚に乏しい私には、とても心強いお二人ですし、何よりも、愉しくやっていけそう。これが一番大事ですもんね。

 

いままでの、セミナー会場として使ってもらったり、お互いの志事を見学しあったりという関係から、もう少し近づいて、今度は一緒にものづくり。そんな中から、またお二人の新しい面が見えたりするかも、なんて、実はそれもまた私の楽しみだったりするのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です