連帯のなごみ

2016-05-31

〈家づくりのお仲間と「おもてなし会」。外に出る時間もあって、風が気持ちよかったのです。〉

 

ご愛読、ありがとうございます。木の家づくり・暮らしのプロデューサー、山口です。

 

今日は午後からKJWORKS本社「くらしの杜」へ。夕方から、木の家づくりを一緒におこなっている業者さん、職方さん方をお迎えして一緒に夕餉を囲む「おもてなし会」が。そして今日は私のチーム、Aチームが調理の担当なのです。

 

火曜日は「くらしの杜」の営業はお休み。でも久しぶりに訪れた今日、玄関脇の山帽子が白く美しく咲き誇っていて、いい気分でAチームのミッションをスタートできました。

2016-05-31-2

 

今日のメニューはアスパラやズッキーニ、そら豆などをトッピングしたキーマカレー、そして具だくさんのポテトサラダ。飲み物はラッシーです。皆で「いただきます」を唱和して、美味しく食べ、そして懇親の花が咲く時間でした。

 

今日の冒頭の写真は、実はおもてなし会が終わってからの、屋外の風景。なにやら皆さん、ソフトクリームを手にしてらっしゃいますね。向こうに見えるのがコラボ食堂、その奥が「阿蘇小国の家」モデルハウスです。

 

今日のおもてなし会は、本社社屋の一階、屋内でおこなったのですが、夕暮れ時には外が心地いいこともあって、食後のデザートは外で、となったのでした。普段からこのコラボ食堂では、ソフトクリームを提供しているんですよ。

 

KJWORKSの木の家の材木のふるさと、阿蘇小国町からやってきている、「小国ジャージー牛乳」を原料としたソフトクリームです。これがいわゆる「バニラ味」ではなく、牛乳の味がしてとても美味しい。

 

そして、一番おもしろいのは、このソフトクリームは「セルフ」だということ。コーンの上に自分でぐるぐると輪を描いてクリームを載せるんです。子どもたちにも人気ですが、今日はおもてなし会のデザートに、外に出て皆さんにもぐるぐるをやってもらおうという趣向なのでした。

 

ここに写っておられるだけでも、地盤改良屋さん、サッシ屋さん、無垢の床板屋さん、タイル屋さん、美装屋さん、建材屋さん、材木屋さん。ちなみに今セルフでソフトクリームを出しているのは畳屋さんです。

 

いい大人が、みんなでソフトクリームを舐めているこの光景、なんだかとてもユーモラスですね。でも「やってみよかな」と思ってくれるのは、おもてなし会という工務店による催しを、皆さん楽しんでくださっている証拠。私はそう感じました。

 

隔月にあるこの「おもてなし会」、もうかなり長く続いていて、毎回、該当するお誕生日の方のお祝いもします。最初は皆さん場違いな感じの顔をしておられたことを記憶していますが、今はもう、一緒にご飯を食べる場の光景は、とても和んでいるように思えますね。

 

「継続は力なり」と言うけれど、それは確かにある。職人さん同士も最初は知らない人同士が多かったでしょう、でも徐々に慣れて顔見知りになってきて、同じ木の家をつくっているという連帯感も生れている様子。

 

今日の「ソフトクリームをセルフで」というAチームの変わった提案を受け入れることも、元請けの工務店さんがそう言っているから、という感じではありません。ただ単に面白がってくれて、職人さん同士で「食べてみよか」となる、その雰囲気が嬉しいですね。

 

心地いい風に吹かれて、みんなで外でデザートタイム。和んだその空気感が、調理と会の進行を終えた私とチームの皆を癒やしてくれている、そんな気がした夕暮れ時でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です