暖かな土間

〈新モデルハウスの「暖かさ」、その質の良さを少しご紹介いたします。〉

 

ご愛読、ありがとうございます。木の家づくり・暮らしのプロデューサー、山口です。

 

昨日はえべっさんのことを書きましたが、夕方からはKJWORKS本社「くらしの杜」へ社内会議に赴きました。今回はいつもと違い、昨年末に竣工した新しい「E-BOXモデルハウス」での開催だったんです。

 

実は私は12月の完成見学会に行きそびれて、中にはいるのは初めてでした。間取りや構造はよくわかっているというものの、やはり入って体感すると、想像とはまた違った印象があったりしますね。

 

冒頭の写真がその内部の様子です。夕方暗くなってからの会議でしたので、窓にシャッターが降りていますね、すいません。そしてその掃出し窓の手前がこのモデルハウスの間取りの特徴、大きな土間です。

 

薪ストーブ専用住宅を詠うE-BOXでは、このような「土間リビング」も積極的に採用していく予定です。そのモデルともなるこの場所、玄関で靴を脱いで裸足で入っていただくことになっているんですよ。

 

それは、その土間がもっている熱特性を体感していただくため。昨日は一旦閉めたモデルハウスを、会議のためにまた開けてスタッフ皆で入ったのですが、おお、土間がほんわか暖かくて気持ちいい!

 

「土間」と言えば、冬はとても冷え切っている。そんなイメージがありませんか?でもKJWORKSの木の家では、こうした居室としての土間にはその下に断熱をしっかりと施しているので、冷たくありません。

 

そして、木の床と比べて土間が優れる点は、「蓄熱性」です。薪ストーブからの輻射熱をしっかりと溜め込んでいますから、火を落としてからも暖かさが長く持続する。それが「ほんわか」の元なのでした。

 

さらに、この家には「マッハシステム」という省エネ空調が搭載されています。これは一台のエアコンで全館の温熱環境を整えようというシステムで、薪ストーブと連動して家中を同じ温度に保ってくれます。

※マッハシステムについて、詳しくはこちらをご参照くださいませ。

 

ここではストーブからの輻射熱、そしてマッハシステムが省エネ運転で家中に行き渡らせるその微量の対流熱によって、室内の空気の温度と床や壁や天井の表面温度との間に、差がなくなった状態です。

 

人の体感温度とは、室内の気温と、仕上げの表面温度とのちょうど中間だと言われています。普通のエアコンで温風を吹き、空気だけが暖かくなっても少しも心地よくないのは、このせいですね。

 

そういう意味で、このモデルハウスは、気温があまり高くなくても、暖かい。その中でも特にこの土間は蓄熱というプラスアルファがあるわけですから、特に暖かさが感じられて気持ちいい、というわけ。

 

KJWORKSではずっと無垢の木の床を使っていますので、いわゆる「床暖房」のやり方は、無垢の板と相性のいい方式を採用します。それが温風を床下に吹く、という方式ですが、土間にはそれは出来ません。

 

でも、薪ストーブという強い熱源があれば、土間を床暖房したかのような効果が得られるんですね。これも、ひとつの熱源のパワーを長持ちさせるという、ECOで素敵な知恵ではないでしょうか。

 

家を考える時、間取りももちろん大事ですが、こうした温熱環境というものも非常に重要。そして、どういう方式を採用するかがまた間取りにも反映されてきますから、それらも計画当初から想定が必要です。

 

あれ、今日はちょっと堅苦しい説明になってしまったようですね、申し訳ありません。でも、百聞は一見に如かず、というか、百文は一感に如かず。こうしたことはやはり、自分で感じるのが一番。

 

今週末からまた寒波が来ると言われていますし、出来ましたら寒い日を狙うようにして、是非このモデルハウスの心地良い温熱環境を肌で感じにいらしてくださいませ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です