寒波での凍結防止

〈今日は寒波の日にお気をつけいただきたいこと、です。〉※画像は著作権フリーのものです。

 

ご愛読、ありがとうございます。木の家づくり・暮らしのプロデューサー、山口です。

 

この冬一番の寒波が到来していますね。全国各地で大雪となり、センター試験にも影響が出ているようです。そんな中、今日は私からひとつ皆さんに、注意喚起の意味でお知らせを。

 

どちらのお宅にも、いわゆる「給湯器」があると思います。ボイラーと呼ばれたりもしますが、台所やお風呂にお湯を出してくれる機器で、たいていはガスが熱源となっています。

 

通常、給湯器は屋外にあります。この機器、そしてそこから宅内に通じている配管の中の水が、今日明日のような寒波の時には凍結する場合があるので、その防止策を書いておこうという次第。

 

私も、そうなることが予想されるお客さまには個別にご連絡しているのですが、こうしたことは一般的な知識として、皆さんも知っておかれて損はないことだと思いますので。

 

まず、昨今の給湯器には、既に凍結防止策が組み込まれています。ひとつは機器内にヒーターが内蔵されていて、それが作動すること。そしてもうひとつは、循環ポンプが自動運転すること、です。

 

どちらも温度感知で、零度以下になると作動します。ポイントは、この自動運転は給湯器リモコンにある「運転」がONでなくても作動するということ。夜の間中リモコンを点けておく必要はありません。

 

ここで注意すべき点は、ポンプの自動運転が作動するためには、お風呂にお湯が残っていないといけない、ということです。浴槽の下の方にある丸い循環金具よりも5cmは上までお湯がないと作動しません。

 

これで給湯器は大丈夫。あとは給湯器への給水配管、そして給湯器から屋内への給湯配管ですが、これらには通常、「保温巻」と呼ばれる断熱施工がなされています。管を断熱材でくるむ、というものですね。

 

関西の一般的な地域であればそれで問題ないかと思いますが、この保温施工がちゃんと出来ていない、あるいは破損しているなどの理由で配管がそのまま露出していると、凍結はおこりやすくなります。

 

そうした場合の対策として、浴室の給湯栓を開いて水を少し流したままにしておく、という手があります。水が動いている方が凍りにくい、ということですね。給湯器メーカーによると1分間に約400cc、水流の太さが約4mmくらいの量、とのこと。

 

給湯器リモコンはOFFでよい。ただし浴槽には必ずお湯を少し残す。さらに配管類が心配な場合は、浴槽に少しずつ水を出しておく。ちょっとしたことですが、寒波の際の知恵としてもっておいていただければ。

 

なお、給湯器の凍結防止策については以上ですが、昨今は「オール電化住宅」も多く、ガスの給湯器でなく、電気温水器をお使いのご家庭も多いと思います。「エコキュート」などと呼ばれるものですね。

 

この電気温水器の場合は、たいていは深夜電力を利用してお湯をつくる、という設定になっていると思います。なので最も寒い時間には稼働してお湯をつくっているので、ガス給湯器に比べて凍結のリスクは低いでしょう。

 

以上、今日はブログの紙面を使って、私からの注意喚起のお知らせでした。備えあれば憂いなし、皆さまお気をつけくださいませ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です