若さをなぞりに

〈30年前に訪れた場所、当時はわかっていなかった楽しみを味わってきました。〉

 

ご愛読、ありがとうございます。木の家づくり・暮らしのプロデューサー、山口です。

 

今日は朝から、岡山へ行っておりました。もちろん志事ですが、本来の用件である岡山駅近くでの打合せの後、少し時間があったので、以前から一度行きたかったところへ足を伸ばすことにしたんです。

 

それが冒頭の写真の場所。このあまり見ない形の御本殿、皆さんはご存知でしょうか。ここは、備中国一宮である「吉備津神社(きびつじんじゃ)」です。岡山駅から「桃太郎線」に乗って訪れました。

 

この、破風が横に二つ並ぶ変わった形の御本殿は「比翼入母屋造」、別名「吉備津造」と呼ばれる、ここにしかない形式です。足利義満の造営といわれ、御本殿と拝殿は共に国宝指定を受けています。

 

古来より神体山とされる「吉備の中山」の麓に建つ神社。こんな感じで、とても荘厳な雰囲気が漂います。

 

では、なぜ私はこの吉備津神社へ行きたかったか。その理由は30年前に遡ります。大学生の時、そんな由緒あるお社だとはあまりよく知らずに、所属していた弓道部の合宿で来たことがあったから、なんです。

 

この吉備津神社、境内に弓道場があったんですね。岡山駅前に宿を取って、毎日電車で弓道部のみんなと道場まで通ったものです。でも、当時は「弓道場のある神社」くらいしか認識がありませんでした。

 

その後、建築の志事をするようになり、この神社の歴史的価値、建築的価値を知ることになりました。そして、かつて自分が訪れた場所ということもあって、ぜひ一度再訪を、と思い続けていた次第。

 

岡山駅から総社へ向かう「桃太郎線」、昔はそんな名前ではなかったと思いますが、その2両編成の列車に揺られていると、だんだんと田舎の風景に。その雰囲気は、確かに見たことがある気がします。

 

神社についてまずは参拝をしましたが、拝殿や御本殿についての記憶は残念ながらやはりありません。しかしその後、今も遺る弓道場へ向かう長い回廊を歩くと、当時の記憶が蘇ってくるようでしたね。

 

あれから30年。当時の私と同じ歳の子をもつようになって、私自身の「眼」もだいぶ変わったのでしょう。吉備津造をもつ唯一の神社建築の素晴らしさ、歴史の重みは、今の私にはひしひしと伝わってきます。

 

あの時の自分にそれを教えてやりたい、そんな気分にもなりましたが、でも逆に、当時は漲っていた若さゆえのエネルギーを思い出し、その闇雲な力のあり方が50歳の私には少し羨ましくも感じられました。

 

きっと、その両方は授からないようになっているのが人間という存在なんでしょうね。しかし、若い頃の自分をなぞるようなこうした時間からは、その両方を相対化しつつそれらに想いを馳せることが出来る。

 

せっかく岡山に行くのだからと予定をやりくりして訪れただけのことはあったし、やっぱり今の自分は大学で建築を学びつつ弓道に打込んだあの自分の延長線上にある、そう素直に感じられたひとときでした。

 

ちなみに、今日岡山に行った理由はこれ。若葉家具さんとの「つみきばこ」のディテール打合せでした。岡山での打合せを提案いただいたことが今日の時間につながったので、井上社長には大いに感謝です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です