道具から学ぶべきは

『文化としての数学』   遠山啓 著   光文社文庫

 

「本を広げたかたちは、鳥のかたち。」

ご愛読、ありがとうございます。暮らしのプロデューサー、山口です。

 

前回の大岡信『「忙即閑」を生きる』の中に、この著者による『関数を考える』の書評がありました。詩人である大岡信が絶賛するこの著者に興味をもち、次にタイトルに惹かれて入手したのが本書です。

 

光文社文庫の本書は復刻版でした。最初の出版は1973年で、著者は1909年生まれ、1979年に他界されています。しかし、半世紀近く前に著者がここに述べた問題は、今もあまり改善していないように思いました。

 

本書は数学に関する本ですが、数式はほぼ出てきません。数学という学問の社会における役割、意味合いについて、そしてその学問としての歴史について、あるいは他の学問との関係性が語られているものです。

 

著者は数学者であり教育者であったようで、本書には「数学が苦手な人」へ向けた話が多く出てきます。そして数学教育における問題点が厳しく指摘されている。「苦手になるような教育しかしていない」と。

 

そうではなくて、数学という学問も人間がつくり出した文化の一部分であること、社会の要請や他学問との相互関係によって発展してきたその歴史を知るべきである。教育の間違いの理由は著者によるとこうです。

 

「(前略)既成の知識をできるだけ多量につめこむことにのみ力を注ぎ、それらの真理が多くの誤謬を犯しながら獲得されたという過程を子どもたちに追体験、もしくは拡大的に再体験させるという不可欠な手続きを抜かしているからである。」

 

確かに、自分が習ってきた数学という学問は、いわゆる「定理」や「公式」を覚えて問題を解くというものでした。数学史について教えてもらった記憶はありません。それらの定理や公式が出来た経緯なども。

 

私の場合で言いますと、高校までは数学が好きでした。微分積分も面白かったし、覚えた定理や公式を使って問題を解くこと、解けばきちんと答えが出るのも楽しかった。でも大学での微分方程式で脱落しました。

 

そして今、社会に出て30年近くが経とうとしていますが、四則計算より先の数学を使うことはほぼ皆無です。もちろん建築の構造力学に数学は多く組み込まれている筈ですが、それを自分で計算したりはしない。

 

しかし、きっとまた別の分野の職種には微分積分が役立つものも、あるいは幾何が役立つものもあるでしょう。数学の新しい単元を学ぶ際に、「これが役立つ分野・職業」を一緒に知ればきっと役立ちますね。

 

また、子どもとの話から教育法を疑うこともあります。例えば代数を使った方程式は中学で習いますが、小学校の算数で、方程式を使えば簡単に解けるのに、使えないが故に非常に難しいやつが出たり、とか。

 

定理や公式というのは数学上の「道具」だと思いますが、要するに道具の使い方しか教えない。それもどんどん道具が増えて、なおかつ使い方が複雑になっていく。それでは脱落する人が多いのも当然でしょう。

 

その道具はなぜ生まれたのか、その道具を使えば何が実現して、それを使う志事ってどんなものか。そうした視点が教育に欠けているという事情は、半世紀前も今もさほど変わっていない気がしますね。

 

私自身も「教育とは職業選択のためにある」と思っていますので、上記のような著者の主張には大いに賛同しますし、本書にある数学史の話には、目から鱗が落ちる思いをした部分もいくつもありました。

 

いや、あまり知りもせずに教育の現状を責めてばかりでもいけませんね。最後に、本書にある著者のもうひとつの至言を引用しておきましょう。それは数学が子どもたちに与えてくれる強い力について書いた一文。

 

「正邪を見分ける判断力、不正や虚偽を憎みこれと妥協しない強固な性格、困難と戦ってこれを征服する忍耐力を子どもたちの中に形造るうえには、数学のもつ正確さと厳しさが役に立つ」大いに同感です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です