レトロを活かして

〈歴史を経てきた建物のリフォーム、用途は変わっても持ち味は変えずにいきたいです。〉

 

ご愛読、ありがとうございます。木の家づくり・暮らしのプロデューサー、山口です。

 

今日は朝から、新しくご依頼を受けたリフォーム計画について、その建物の現状下見をお客さまとご一緒してきました。リフォームの場合は、何よりもまず元の建物をよく知るところから全てが始まります。

 

冒頭の写真がその建物。「母屋」という言葉がしっくりくるような、風格のある伝統建築ですね。まだ「古民家」と呼ばれるには少し早いかもしれませんが、でも大工棟梁が昔ながらの方法で組んだ家でしょう。

 

こういう建物をじっくり拝見するのは、とても面白いのです。その技の痕跡があちこちに散りばめられていますし、使われる材料も、今では見られないような凝ったものが普通に使われていたりしますから。

 

今回も、ちょっとまだご紹介は出来ませんが、レトロ感いっぱいの素材たちと出会うことができました。色んな仕上材にも時代の流行りがある、ということが、こうした古い建物を見るとよくわかりますね。

 

特にこのお宅では、あちこちにいわゆる「レトロガラス」が使われていました。今はもうつくられていない、なんとも言えない味わい深いガラスたち。中から一枚だけ、少しご紹介しましょう。

 

他にも石材やタイル、もちろん木材も、今はもう使われなくなったものたちの姿を色々と目にすることができました。こういうものに出会うこともまた、新築にはないリフォームならではの醍醐味ですね。

 

そしてさらに照明器具や家具類なども、時代を経て味わいを増しているものがたくさん。というか、先日からここに書いているように、照明器具などは様変わりしてしまっていて、昔のものがなおさら懐かしい。

 

今回はお客さまもそうしたレトロなものがお好きで、それもあってこの建物に白羽の矢が立ったという部分もあるようです。ちょっといびつな形の敷地に合わせるように建てられたこの古い家に。

 

間取りのほうはいわゆる「田の字型」タイプで、廊下が少なく、縁側を使って部屋から部屋へと移っていくようなプラン。いつもなら木の家に改修するのに、その「廊下のない」考え方が近いので安心です。

 

でも今回は住宅ではなくて、グループホームへとリフォームしようという計画。こういう施設は個室が数多く必要なので、そこへ至るための廊下を設けないとプランがうまくまとまってこない、という特徴が。

 

それを頭に思い浮かべつつ下見を続けましたが、やはり現状ほとんどない廊下を新たにつくるというのは、なかなか難しいかもしれません。ただつくるだけでなく、今あるレトロ感を損なわないようにすることが。

 

リフォームの醍醐味とはそのあたりにもあって、新旧のマッチングのデザインがキモだったりします。全て新しくしてしまうよりも、それは大いに想像力を働かせないと出来ないクリエイティブなものですから。

 

そこへもっていくために、まずは下見でしっかりと今ある建物の魅力を頭にインプット。それを活かしてかつ全く違った様相の建築へと、どのようにイメージチェンジとイメージキープを織り交ぜていくか。

 

新築よりもそうした「条件」「縛り」が多い分、リフォームとは難しくかつ愉しいのでしょうね。さあここからが腕の見せどころ、頭を捻って今ある魅力を活かせるリフォームへと計画を進めていく所存です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です