明るく眩しくなく

〈あまり好きになれなかった灯りの取替え。今度はベストを目指してかなり試行錯誤しました。〉

 

ご愛読、ありがとうございます。木の家づくり・暮らしのプロデューサー、山口です。

 

今日は、先日お客さまからのご依頼でリビングの照明器具をLEDの器具に取り替えたお話を。写真のように、2階リビングの勾配天井にスポットライトを散りばめるという方法で仕上がった、その経緯です。

 

元々はこの板張りの勾配天井に、四角いシーリングライト(天井付照明)が付いていました。しかし、明るさが足りないように感じられてきたのと、その「器具が斜めになっている」感じにどうも馴染めない、と。

 

それを受けて器具の取替えを検討しましたが、さてどういう器具にしようか。同じようなシーリングライトだと効果も変わりませんし、といってペンダント(吊下げ照明)だと、お隣のダイニングとかぶる。

 

てなわけで、割に早々からこの「スポットライトをいくつか付ける」という方向になりました。ライティングレールを用いれば、元々一箇所しか来ていない電気の線でも、いくつも器具を点灯させられますから。

 

その線で行こう、となったのはよかったのですが、さあそこからがまた考えることが多々あるんです。最近よくこのブログに書く通り、最近はすべての器具がLEDになっているので、その点の考慮が色々と。

 

スポットライトというものは本来、壁面や棚の上に飾られたものに光を当てるというような用途のものです。なので、そちらに徹しているタイプのスポットライトは、器具全体が光ったりはしません。

 

なので部屋の光源として使うには、全体として照度が足りなく、なおかつ前から見ると非常に眩しい。そういうタイプをまず避けて、なるべく広い範囲に光をもたらすような器具を選ぶ必要があるんです。

 

従来はそこで「クリプトンランプ」あるいは「渦巻き型の蛍光灯」にフルシェードのタイプを選べば事足りたのですが、今のLED電球では「球の後方に光が行きにくい」という問題点がこれまた邪魔をする。

 

全体に明るい感じのスポットライトをだいぶ探して、結局今回の条件ではベストかと思われたのが、写真の器具。電球と器具、ともに東芝ライテックの製品を採用しました。ね、全体が光っているでしょう?

 

器具が決まれば、あとは設置後の問題です。ライティングレール4mのどの部分にいくつ器具をつけるか、そして各ライトをどの方向に向けるか。それは、いつものソファに座ってもらっての調整になりました。

 

シェードの中の電球が直に見えない方向と、部屋の中の明るさの分布をチェックしながら、レール上で器具を動かし、向きを変え、だいぶ試行錯誤して、ようやく写真のような位置関係に決まった次第。

 

でも、実はこの写真の段階では完全にOKにはならなかったんです。一番奥に、点いていないライトがひとつありますね。これが100W相当のLED電球で点くと、どうやっても眩しいということがわかったので。

 

ということで最終落ち着いた方向性は、一番奥の器具だけ40W相当の電球に落として、光っているけど眩しくないという状況をつくる、でした。最初の器具取替えのご依頼から、だいぶかかってしまいました。

 

でも、一番落ち着いて過ごす場所であるべきなのがリビングですから、そこは暗すぎても明るすぎてもよくない。ましてや眩しい照明は落ち着きの大敵ですね。佳き着地点を目指して検討するのは当然のこと。

 

また、その着地点、よいバランスというのもまた、人によってだいぶ違っています。お話をよく聞き、イメージを共有し、諸条件をふまえてよくよく検討してこそ、よい提案ができる。

 

たかが灯り、ではなく、暮らしの中の非常に大切な部分を担うのが灯り。その選択においてはベストな答えがいつも違っているのがまた面白く、とてもやり甲斐のある志事だと思うのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です