志事の倫理

〈3年に一度の講習は、自分の志事について考えてみる時間でもあります。〉

 

ご愛読、ありがとうございます。木の家づくり・暮らしのプロデューサー、山口です。

 

今日は、3年に一度やってくる苦行の日でした。一級建築士の定期講習というやつです。朝から丸一日缶詰めでお勉強が続き、そして最後には考査(テスト)があるという、なかなかの厳しい修行なのです。

 

写真はそのテキストで、事務所に帰ってきてから撮ったものです。これを使って延々と一日、その内容についてのお話が講師の方からあるんです。正直最後はお尻が痛くなりますが、まあ仕方がないこと。

 

では、一日かけてどういうことを学ぶ講習なのか。私はもう何度か受けていますが、それは大きく言うと、ひとつは「最新情報の共有」、もうひとつは「職業倫理の再確認」だと言えると思います。

 

最新情報の共有というのもいくつかあります。ひとつは3年の間にあった法改正について。建築の基準を定めた「建築基準法」と、建築士の業務のあり方を定めた「建築士法」、この2つについての情報ですね。

 

次に、建設の技術について。これもまた日々進化していますから、学ぶことは毎回あります。そしてもうひとつ、実はこれが一番大事かもしれませんが、近い時期に起こった「事故事例」についてです。

 

事故事例というのは、建築士が適切に業務をおこなわなかったがゆえに起こった建築の事故の事例、ということ。今回は私の予想通り、非常に大きくクローズアップされた事故事例がありました。

 

こう書くと皆さんもお気づきかと思いますが、それは横浜のマンションの「基礎ぐい工事」の事故です。本来の地盤が要求するレベルまでの地中の杭(くい)が施工できておらず、建物が沈下した事例ですね。

 

今回の講習テキストには、その最新情報のページにも、技術面のページにも、そして職業倫理についてのページにも、びっくりするほどの枚数を割いて「基礎ぐい工事」関連のことが書かれていました。

 

そもそもこの「建築士の定期講習」というのが始まったのも、あの「姉歯事件」がきっかけだったと記憶しています。構造偽装なんて言葉ができた時のことですね。それまでは講習などなかったんですよ。

 

ただ、私も丸一日の講習は確かに疲れますが、でもこうした倫理観に欠ける事故によって建築界への信頼が失墜しているのは事実ですから、業界としてその再発を防ぐべく手を打つ、ということには賛成です。

 

この講習で毎回出る言葉、そして私が改めてそのことを考え直すという言葉があります。それは「建築士の業務独占」ということ。あたり前ですがそれは、建築士にしか建築の設計は出来ない、ということ。

 

建築とは、巨額の費用を使い、かつ人の生命をあずかる定めの構築物であり、それに携わることが出来るのは建築士だけです。そこには大きな誇りと使命感、そして強い倫理観があって然るべきですよね、本来。

 

思うに「その建築を使う人」の顔が見えない時、その倫理観は薄れてしまいがちになるのではないか。私のように木の建物を使うお施主さまご自身と対話しながらつくるなら、そんな倫理を欠く事故は起こらない。

 

毎回しつこいほどに職業倫理のことを講義されていますと、そんなことを思います。でもまあ3年に一回くらいはこうして初心に帰ることも大事だし、年齢に関係なく常に「学び」はあり続けるものですものね。

 

講習をただ「つまらん」と聞いていても得るものはない。必要な情報を得つつ、自分の志事について改めて自分なりに考えてみる、そういう一日にしたつもりです。でも、やっぱり疲れましたけれど(笑)。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です