アクシデント・ダイエット

〈ついにきたPCの寿命!?でも何とか乗り切って、併せて見直しも出来ました。〉

 

ご愛読、ありがとうございます。木の家づくり・暮らしのプロデューサー、山口です。今日はパソコンの話で、同様の問題にてお困りの方に少しでもご助言になれば。

 

いま、非常に不安定な自宅のPCでこのブログを書いています。先日あったらしきWindows10のアップグレード以降、アプリの起動がやたら遅くて作業が捗らず、かなりのストレス。何か変なんです。

 

実は、今日のお昼ごろ、先日来同様の症状だった事務所の方のPCが、ついに起動しなくなりました。午前中に頑張って作業を勧めていたからよいものの、今日は午後から半日、PCのメンテナンスに費やすハメに。

 

事務所も自宅もとなると、これはやはりWindowsアップグレードに何か不具合があったとしか思えません。でも、どうすることも出来ない。どれだけこのPCという機械に依存しているかが、腹立たしいほどです。

 

と言っても起動しないPCを前に手を拱いていても仕方がない。移動用にもっているモバイルPCを出してきて、そちらのブラウザで解決法を探り、なんとか初期化の方法を見つけて対処することができました。

 

同様の症状の方へ向けて書いておきますと、起動しないWindows10を「修復モード」で起動する方法があります。起動ボタンを押し、渦巻きが巻いている間に再度起動ボタンを長押しで強制終了するんです。

 

これを2回繰り返してから起動ボタンを押すと、「修復モード」での起動になります。そこから今日の私は最終的にWindowsの初期化に踏み切りました。他に何をやっても起動しなかったので、やむを得ず。

 

OSを初期化しても、PC内に保存された各種ファイルは残すことができます。しかし困るのは、いわゆるアプリケーションソフトの類が一切消えてしまうこと。これをひとつずつ元に戻すのが重労働なんです。

 

フリーソフトもあり、お金を出して買ったものもある。フリーなら気が楽ですが、購入したものは再度ダウンロードしてインストールして、かつライセンス番号を以前の記録から探し出してきて書き込まないと。

 

今日の午後はそんなことを黙々とやっていたのですが、結果的にはPC内部がだいぶ整然としました。この正月以来保育園の志事にかかっきりで、PC内部のアプリやデータの配置がかなり乱雑になっていましたから。

 

そういう立て込んでいる時には、なかなかPC内部の整理に着手はしにくいもの。ついついその場その場で付け焼刃的に対処していると、ハードディスクの中のデータ構成はすぐに乱雑な状態になってしまう。

 

それが、やむを得ず強制的に初期化するハメになったお陰で、ゼロベースで考え直すということが出来たんですね。不要なアプリケーションはもう入れないし、データファイル類もこれを機に整理整頓したり。

 

まあ、日々同じような時間の繰り返しだと、かえってそういう気分にはなりにくいものでしょう。こういうアクシデントが、却って今後の作業効率を上げてくれる結果になることもある。それが妙に面白くて。

 

PCに依存する志事のあり方はそうそう変えられそうにありませんが、しかし何かあった時に慌てず騒がず対処が出来るのであれば、それは一種のリセットであり、作業効率の面でのダイエットでもある。

 

出来ればそういう事態はないに越したことはないでしょうが、でもこの大きな「大容量化・高速化」の流れの中にある以上、それはいつか来る宿命をもっています。誰にも順番にやってくる「時代遅れ」との直面。

 

もしそうであるなら、ある程度そうした不測の事態への心積もりをしておき、起こったその機会を逆に上手く頭のリセットに使ってしまう、というのもある意味で賢いやり方なのかもしれません。

 

とは言え、唐突に起こるそれに動じないだけの心の余裕というのはとても難しいこと。可能な限り慌てず落ち着いて、うまいダイエットの機会だと思えたならば、PCも素直に治ってくれそうな気がしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です