まもるみどり

〈木の保育園の敷地と道路の間には、丈夫な生け垣が出来る予定です。〉

 

ご愛読、ありがとうございます。木の家づくり・暮らしのプロデューサー、山口です。

 

木の保育園の現場は、外構工事が進んでいます。先日もブログに書いた「緑化フェンス」もお目見えしてきました。これはお客さまから教えていただいた事例から商品を探したもので、タカショーという会社の「トレメッシュフェンス」という製品です。

 

写真がその様子。仕組みは特に難しいものではなく、アルミの支柱を立ててその間にご覧のような「立体化したネット」のようなものを設置するだけ。そして徐々にこのネットに植物が絡みついていくことで「緑化フェンス」になるというわけですね。

 

お客さまから教えていただいたのは会社の看板として設置されている事例だったので、実際にフェンスとしてこのように長く使った様子を見るのは私も初めてです。そして私が気になっていたのは、見た目のこともありますが、その強度のことでした。

 

というのは、写真ではちょっとわかりにくいですが、この敷地は前面の道路からだいぶ高い位置にあるんです。ということは敷地の端っこに立つフェンスは、子どもたちの落下防止という重要な役目を担うことになりますから、その強度はとても大事です。

 

もちろん事前にメーカーさんにも確認はしてあります。そして施工する職人さん方にもそのことはしっかりと伝えていますが、やはり出来てみるまでは一抹の不安がありますよね。今日現場でこのフェンスを押したり引いたりして、強度を確かめました。

 

結果、私が想像した以上に丈夫だったので一安心。支柱もしっかりと固く施工されていたし、ネットも予想外にしっかりしている。やはり一枚でなく立体化しているということが、緑化の効果とともに強度も高めているということなのでしょう。

 

そして、写真の地面をご覧ください。このように今このお庭にはヘデラがかなり繁殖しています。しかしここを園庭にして少しでも広く使うためには、地面のヘデラは減らしたほうがいいですね。そう、この緑化フェンスはその代わり、という意味もあるんです。

 

今は設置したばかりでちょっと殺風景ですが、ヘデラの旺盛な生命力で、すぐにフェンスへと絡んでいってくれることでしょう。そうすると、地面から減った緑が「生け垣」となって、また今とは違う緑の見え方をしてくれることでしょうね。

 

きちんと施工すれば強度も充分で、子どもたちを危険から守ってくれる緑のフェンス。なおかつ元はネットですから、緑が茂ったとしても風通しは確保できそうです。見た目も潤いがあっていい。単なる樹木の生け垣とはまた違う利点があるようですよ。

 

KJWORKSの木の家の外構で「塀」と言えば、板を目透かしに張った板塀が多いのですが、こういう緑化フェンスもいいですね。難を言えば「茂るまでは中が丸見え」というところ、でも今回のようなシチュエーションではかなり威力を発揮してくれる。

 

今回はお客さまからのご教示ということで、正直言って自分の勉強不足を反省したのでしたが、よい商品を知ることができたのだから、まあ良しとしましょう(笑)。この新しい知恵の引出しを、今後の提案にも活かしていかねばと考えている次第であります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です