アアルトの家

 

ご愛読、ありがとうございます。

 

今日は朝から、リフォームをご予定のお客さまと、候補の建物を確認してきました。とてもしっかりした家で、リフォーム後はとても広々と住めそうな、良いお家だったんですよ。

 

それで、そのお客さまからの家づくりのご要望の中に、なんと「アルヴァ・アアルトの家」というキーワードが出てきました。私は驚くやら嬉しいやらで、ちょっとドキドキしたのでした。。

 

アルヴァ・アアルトと言えば、フィンランドが生んだ近代建築の巨匠であります。住宅の設計に携わる人で、特に木の家に関わる人なら、その名を知らない者はまずいないでしょう。

 

建築、家具、食器などのプロダクト、そのデザイン活動は非常に多岐にわたり、どれも独特のアアルトの世界をかたちづくっています。故郷フィンランドでは国民的英雄に近い存在で、切手はもちろん、ユーロに代わる前には紙幣にも載っていたという偉人なんですね。

 

アアルトの住宅作品は、自然素材を使い、有機的な形状を多く使ったデザインで、やさしく暖かみのある、実に居心地のよさそうな空間です。

 

それはよく「北欧スタイル」という言葉でくくられることも多いですが、やはり他の人には真似の出来ない、彼ならではの世界だと思います。

 

冒頭の写真は、アアルトの自邸とアトリエです。現在は公開されているようで、いつか私も訪れてみたい建物ですね。そのスケール感や、引戸を使っているところなど、日本の家からの影響もあると言われていて、なおさら気になるところであります。

 

今日のお客さまからは、建物の外観のイメージとして、このアアルト自邸の写真を見せていただきました。ちょっとプレッシャーを感じつつ、改めてじっくりとこの建物の外観を見ると…いいなあ、やっぱり。

 

さあ、感心ばかりしていないで、この素敵なイメージを如何にして今回の建物に盛り込んでいこうか。悩ましくも楽しい、ワクワクした時間の、スタートですよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です