上から見る灯り

 

ご愛読、ありがとうございます。KJWORKS・木の家の設計士、山口です。

 

「ペンダント」と呼ばれるタイプの照明器具があります。日本語で言うと「吊り下げ照明」というものですね。吹抜けの空中に垂らしたり、食卓の上で低めの灯りを演出したりと、色々と楽しめる照明です。

 

このペンダントを吹抜けの中に垂らす時、他の照明器具とは違う部分にも配慮がいります。それは、「器具を上から見て、おかしくないか」ということです。二階からの視線、その見え方を意識したいところですよね。

 

まあ、ペンダントとしてつくられる器具は、それなりに考えてあるのですが、でも時々、下からは綺麗でも、上から見ると不恰好なもの、変な感じのものもあるんですよ。

 

冒頭の写真は、先日お客さまによる検査をしていただいた京都の木想家です。この家の階段に付けられていたペンダントが、上から見てもとても美しくて、おもわずシャッターをきりました。

 

コードもレトロな感じで面白いですし、上部の金具、そして青磁のような陶器のシェード。雰囲気のある、素敵な質感のペンダントですね。小さな器具ですが、木の空間にマッチしつつ、存在感を放っていました。

 

特に、上部の金具の間から光の漏れる感じがとても可愛らしくて、いいですね。ランプのための放熱孔だと思いますが、周囲が暗くなると、この部分の光の漏れ方は、とても良い感じだと思います。シェードが光を通さない分、よりその効果はありそうです。

 

ペンダントにかぎらず、空間のワンポイントに素敵な照明器具を使うというのは、暮らしの彩りとしてとてもいいと思います。全部が自己主張する器具では「濃く」なってしまいますので、シンプルな灯りの中に、どこかワンポイント的に、という使い方がオススメですね。

 

いわゆる「照度」だけではなく、灯りそのものの美しさや質感を大事に、そして見られる方向を意識した器具選びを。そしてまたいつか、器具を変えて、家のイメージチェンジも。

 

灯りを選ぶこと。それは長く住んでいただく上での、日々の暮らしの中での、大きな愉しみだと思うのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です