キッチンの無垢板

 

ご愛読、ありがとうございます。KJWORKS・木の家のくらしプロデューサー、山口です。

 

KJWORKSがつくる木の家「木想家(もくそうや)」のキッチンは、対面型であることが多いです。ダイニングテーブルの方を向いてシンクとコンロが並び、家族の会話が弾む形ですね。

 

その場合、キッチンカウンターの形状には2通りの考えがあります。ひとつはキッチンの高さでそのまま、反対側までつるっと延ばす場合、もうひとつは、キッチンのダイニング側に、もう少し高いカウンターをくっつける場合です。これは、お客さまのキッチンに対する考え方によって、どちらもあり得るものです。

 

反対側まで同じ高さのキッチンは、そちら側からも調理が一緒に出来る、というメリットがあります。反面、シンクまわりの雑然としがちな部分がいつも見えてしまう、ということもあります。また、カウンターの素材も、ステンレスだととても冷たい感じになるので、人造大理石を採用することが多くなります。

 

対してダイニング側にもう少し高いカウンターをつける場合は、目線は通りながら、シンクまわりの手元がダイニング側から見えなくなるというのがポイント。そして、ステンレスのトップでガンガン使いたい、という方にもお応えできます。ただ、反対側からの調理はちょっと難しい。

 

その時の高い方のカウンター、これをKJWORKSでは「ダイネットカウンター」と呼んでいます。ダイネットカウンターを調べると、「ちょっとした軽食などができる、キッチンに付随したカウンター」となっていますが、木想家ではこういう高いカウンターも、そう称していますね。

 

このダイネットカウンターの素材は、やはりできることなら無垢の木がいいなあ、と思います。調理するカウンターはステンレス、そしてダイニングから見えるカウンターは、木で。対面式ですから、「家族の間」全体の雰囲気づくりに、この木のカウンタートップがかなり効いてくるんです。

 

冒頭の写真は、この春にお引渡ししたリフォームの木想家ですが、ダイネットカウンターの天板は、ブラックチェリーの一枚板を使いました。いやあ、なかなか良い感じです。このお宅では、このカウンターの下は向こう側からの収納になっていて、ダイニングから見ると、キッチンと言うよりも、造り付けの収納家具のように見えるんですよ。

 

私はここで使わせていただいたブラックチェリーの板がとても好きになって、最近はあちこちで、家具づくりの際には天板をこのブラックチェリーでご提案しています。特に面材をブナで仕上げる家具にはとても合うし、いいと思います。

 

水廻りであるキッチンにも、水を気にせず、こういう方法で無垢の木を使うことができるんですね。対面キッチンだからこそできる、こういう「木の造付家具」として見せる術。KJWORKSの木想家には、かなり重要なアイテムとなっているんです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です